1. トップページ
  2. 焼けない私のランニング日焼け対策

焼けない私のランニング日焼け対策

【ペース/距離】週2、3回・4~8km26才・女性

ランニングは主に夜に行なっているので紫外線対策はしていません。しかしランニングをする時に羽織っているジップパーカーはUVカットの素材です。日焼け止めなどは汗で落ちる心配がありますが羽織りものならその心配もないのでおすすめです。ランニング以外でのちょっとしたお出かけに使えるのも良いですね。ユニクロの物をつかっています。

【ペース/距離】週1、2回・2km19歳・女性

数年前までは、ビオレのアクアリッチを使用してランニングをしてました。しかし日光蕁麻疹という紫外線アレルギーを発症してからは、夜にランニングを行っています。なので今はランニングの際に日焼け対策は何もしていないです。

【ペース/距離】週1、2回・10km60代・女性

日焼けには、大変悩まされています。日焼け止めクリームもいろいろ使って試してはいますが、今一つ強力な日焼け止めクリームには出会ってはいません。とりあえずは、安い日焼け止めクリームよりは、少しは高いほうが効果があるかと思い、クレ・ド・ポーの日焼け止めクリームを使っています。頬が一番日焼けしやすいです。

【ペース/距離】週3回・10km29歳・女性

日焼けをしたくないので、なるべく日が照っていない早朝や夕方で走るようにしています。使用している日焼け止めは資生堂のANESSAで、化粧はせず日焼け止めだけでランニングしています。夏場は日焼け対策でグローブを履いています。

【ペース/距離】毎日・1.2km28歳・女性

日焼け対策として、一般的な液体の日焼け止めを使っています。夏場はプラスしてスプレータイプの日焼け止めも併用。基本は早朝にランニングをするようにして、日差しの強い時間帯は避けています。ただ同じ時間に走っているので、顔や体の同じ位置に日差しが当たるのが気になっています。

【ペース/距離】毎日・2km30代・女性

日焼け止めは年中金のアネッサを使用しています。値段は他の商品より高いですが、これが一番焼けないと過去色々ためしてみて気づいたからです。サンバイザーなどは、冬時期にはおかしいいので年間通して結局使わなくなりました。

【ペース/距離】毎日・2km60歳代・女性

帽子はかかせません。なるべくツバが広く、顔全体に陰ができるタイプを選んでいます。あと、忘れてならないのが「手袋」。木綿の吸水性のある手袋をはめています。手の甲は日焼けしやすく、注意しないとシミになってしまいます。綿なら汗を吸収してくれるので便利です。

【ペース/距離】週2回・2km39歳・女性

帽子をかぶります。日焼け止めは、資生堂のdプログラムを使っています。肌が敏感肌なのですが、この日焼け止めはとても肌に優しく良いですね。効果も、よく日焼け止めになっていると、感じます。夏場は、やはり腕が焼けます。

【ペース/距離】週2回・3キロ27歳・女性

ランニング中はとても日に焼けることも多いので、SPFの高いものを使用しています。特にここのものがいい、というのはありませんが、忘れずにつけること、手軽につけられるものを選んでいます。念の為、上からかけるスプレータイプも併用しています。

【ペース/距離】週3回・3キロ40代前半・女性

顔の日焼け止めに、サンベアーズストロングスーパープラスNを使っています。汗をかいても落ちませんし、塗った感じが軽くていい感じです。日焼けもしっかり防いでくれます。首は薄手の綿のマフラーを巻き、手は日焼け防止の白い手袋をします。暑いですが焼きたくないので、しっかりガードしています。

Copyright (C) 2017 ランニング美容効果~日焼けは大丈夫? All Rights Reserved.