1. トップページ
  2. ランニングでぐっすり眠れる

ランニングでぐっすり眠れる

【ペース/距離】週2、3回・4~8km26才・女性

ランニングをする事により末端冷え性であった手先、足先が暖かくなるのでそのまま眠るとスムーズに睡眠がとれる感覚があります。またランニングによる疲労でベッドに入ってから眠るまでの感覚が短くなってきています。スマートフォンを長時間みなくなるのでそれも影響がある様に思います。

【ペース/距離】週1、2回・2km19歳・女性

以前は布団に入っても、1時間ほどしないと眠れないということがしばしばありました。しかしランニングをするようになってからは、自然と眠気が訪れるようになり、布団に入ったら自分でも気づかない内に眠っていることが増えました。それから、寝ている時、途中で起きる回数が少し減ったので、睡眠の質が上がったと思います。

【ペース/距離】週1、2回・10km60代・女性

やはり、ランニングをするようになって、身体も健康的になりました。私は、仕事に行く前、朝の5時半くらいに起きて走っています。夜も23時くらいには眠ります。以前は睡眠薬を飲まないと眠れなかったのですが、ランニングをするようになって、走った夜は、睡眠薬を飲まなくても朝まで、1度も起きることなく眠ることができるようになりました。

【ペース/距離】週3回・10km29歳・女性

睡眠の質はランニングを始めてから確実に上がったと思います。寝つきが悪く、ベッドに入ってからも1〜2時間は眠ることができませんでしたが、ランニング始めてから改善しました。活動量が増えたことで睡眠の質は上がったのだと思います。

【ペース/距離】毎日・1.2km28歳・女性

睡眠の質は良くなったと思います。体力も消費するし、ストレスも減ったおかげで寝つきも良くなりました。すっと眠れると睡眠自体も良質で、翌朝に疲れが残ることが減りました。早朝のランニングのため、走り終わった後は眠気もすっきりし、一日を心地よく過ごせています。

【ペース/距離】毎日・2km30代・女性

ランニングをして、程よく疲れて程よく汗をかいて、その後入浴(ただし、温めの温度のお湯)をして、布団の中でゆっくりしていると、自然と睡魔がやって来て良く寝れます。夜中に目が覚めて困るということが、以前はありましたが、今はそういうことはまずありません。

【ペース/距離】毎日・2km60歳代・女性

入眠直後に熟睡できます。全身の筋肉がリラックスしているので、寝ても体に負担がかかりません。ランニング中に、自然な呼吸法を身につけることができるので呼吸もスムーズでいびきをかくこともありません。ランニングで内蔵と筋肉を使うことは快眠につながります。

【ペース/距離】週2回・2km39歳・女性

ランニングをはじめてからは、確かに眠りの質は良くなりました。朝にランニングしますが、太陽の光を浴びて走ることで体がしっかり起きるのかなと、感じます。ランニングは、体にも眠りにもとても良いのだと感じています。

【ペース/距離】週2回・3キロ27歳・女性

休日だけですが昼間に動いているせいか、夜の寝つきは比較的よくなりました。スマートフォンを見ながら寝ることが多かったのが、見ることなく頭の上に置いたままスッと睡眠に入ることが出来るようになりました。ランニングする前は疲れているのに眠れなかったのに、大きな変化かな、と思いました。

【ペース/距離】週3回・3キロ40代前半・女性

そんなに睡眠の事で困ってはいませんでしたが、時々夜中に目覚めてしまう事がありました。ランニングを始めてからは、朝までぐっすりです。眠って、「あらもう朝だわ」と言う感じでしょうか。質の良い睡眠がとれていると思います。

Copyright (C) 2017 ランニング美容効果~日焼けは大丈夫? All Rights Reserved.